TOP画像 TOP画像 TOP画像

ドゥワセラピー初級セミナー開催しました

昨日、「ドゥワセラピー初級セミナー」を当院で開催しました。

受講生は、鍼灸師の卵の女性お二人でした。DSC02015

 

お二人ともこれから治療家になられるということもあり、とても熱心に聞いておられました。手を刺激するだけで身体が温もったり、首や肩の動きがよくなったり、前屈がやりやすくなったりすることを体験してただき、本当に驚かれていました。

 

「ドゥワセラピー」は特に医学的な知識もいらず、手の平や甲、指を刺激するだけですので、どなたでも簡単に行える健康法です。

 

手を刺激するだけですので、副作用の心配もなく安心して続けていただけます。特殊な道具も必要ありませんので経済的です。

 

生涯現役を目指しておられる方も多アジアンハンドいと思いますが、そのためには健康を維持していくことは必す。

 

昨今テレビでも健康番組があふれ、健康雑誌が飛ぶように売れています。

 

皆さんの健康に対する意識が高まっているのでしょう。

 

そのことはとてもいいことなのですが、残念ながらそれらの健康法は腰なら腰、肩なら肩と各部位に分かれているものが多くなかなか効果が持続しません。

 

確かに肩凝りのきつい方が肩の運動をすると血行が良くなり、一時的に肩凝りは軽減しますが直ぐに元に戻ってしまいます。

 

よく1日10回を3セットとか言われますが、頑固な肩凝りを軽減させるにはかなりの継続が必要です。もちろん継続できる方は少しずつ症状も軽減していくのですが、残念ながらほとんどの方は途中で面倒くさくなり止めてしまいます。

 

肩凝りのきつい方は肩周囲の血行が悪く筋肉が硬くなっている訳ですが、問題は肩周囲だけではなく全身にもあるのです。

 

肩がガチガチに凝っているのに全身の血行がいい方はおられませんので、肩周囲だけ血行をよくしても効果が持続しないのはそのためです。

 

冷えがある方は尚更ですね。要するに肩周囲だけでなく全身の血行をよくしてあげないといけない訳ですが、そうすると青竹を踏み、スクワットをやり・・・と項目が増えてしまい益々続かなくなります。

 

そこで、オススメするのが「ドゥワセラピー」です。

 

この方法は、手を刺激するだけで全身に影響が及びますので、簡単に全身のケアが行えます。

 

全身に対応している手のツボを刺激するだけですので、それ程手間もかからず、いつでもどこでもこまめに行えます。

 

信号待ちで肩のケア、歩きながら首のケア、テレビを見ながら冷えのケア、仕事の合間に腰のケアなんてことも可能です。一回のケアも数十秒していただくだけですので手軽です。

 

信じられないかもしれませんがそれだけ手と脳の関係は深く、手を刺激することで脳が刺激され、脳の支配している全身に変化が及びます。

 

手をよく使うとボケないと言われるのも納得できます。

 

これを機に「ドゥワセラピー」を学ばれ、ご自分のケアはもちろんご家族の健康管理にもお役立ていただき、生涯現役を目指しませんか。

 

セミナーは随時行っています。ご興味のおありの方は是非お問い合わせください。

 

DSC02017

受講していただいたお二人様、本当にお疲れ様でした。

 

是非、学ばれたことを日常に活かされ生涯現役を目指してください。ありがとうございました。

 

颯鍼灸院

上田貴弘